怪獣みたいな名前やな



ローソンのデザートがちょい人気だ。

ローソンが期間限定での販売開始した「ショコラロールケーキ」
チョコレートメーカーの「ゴディバ」とコラボレーションしたロールケーキが大人気だ。







このロールケーキ、税込395円もするんだが、ゴディバのブランドイメージで売れている。
発注制限が掛かるほど。

で食べてみた。
本家のゴディバのチョコを食べた事がないんで比較はできないが、まぁ 普通に美味しい。
甘いのかと思ったが、ちょっとほろ苦でコーヒーと合いそう。
パッケージのまま喰うより、洒落た皿に移し変えてコーヒーと一緒にゆっくり味わうと、より 美味しいのかもしれない。


自分が読みたい本を品揃する



セブンイレブンのレイアウトがこう変わるらしい。

セブン-イレブンは1974年に国内第1号店をオープンして以来、これまで店舗レイアウトを基本的に変えてこなかった。

大半の店舗では、レジカウンターは入り口を入ってすぐ左側にあり、入り口の右手に雑誌・書籍コーナーを配置している。
立ち読みをする客の姿が店外からガラス越しに見えるようにして、店内の“繁盛感”を演出する狙いがあった。
そんなセブンの基本レイアウトが今、大きく変わろうとしている。




ふーむ、レジカウンターが入口横でなく奥になるのか・・
米飯・チルドケースと飲料が離れるのは、客動線を考えて売場を往復させて他の商品の買い合わせとか誘導するつもりかな?
今までコンビニの常識だった雑誌をガラス面から移動させたのは大きい。
外から雑誌を立ち読みしている人がいることにより、店内に入りやすくする及び防犯対策の役目を担っていたのが従来のコンビニ。
まぁ 今のコンビニは雑誌を立ち読みできないように緋掛けしている店も多く、立ち読みお断りの店が多いんだよな。
イートンスペースを導入している店は雑誌売場が縮小している。
自分はコンビニにイートインスペースが必要とは思わんけどね。
自店もイートインスペースがあったが、店舗改装の時に要望を出して撤去させた。

雑誌売場は店によって品揃が大きく異なる。
自分は本が好きなので、雑誌の品揃にはこだわりがある。
移転してきた当初、雑誌の品揃があまりに貧弱なので驚いた。
こまめに配本修正をして取り扱いのジャンルの品揃を増やしたりした。
だが、配本修正も店の要望通りになかなか配本してくれない。
なので、東京の日販に直接電話をして、担当者に直談判して店の望む通りの配本依頼をした。
そしたら店の望み通りに配本されるようになった。
雑誌の売上前年比も自分がこの店に移転してくるまでは長年 前年割れしていたが、今は前年t118%と好調に推移している。

青年コミックは売筋しか置いてない店も多いが、週間漫画TIMESやスペリオール・アクション・イブニングなどを品揃をすると、周りのコンビニでは品揃していないので、わざわざ買いに来る人もいる。



雑誌に関しては「委託販売制度」なので、売れ残ったら返品できる。
リスクが全く無い商品だけに、これを有効活用しないと勿体無い。
書店などは、担当者が平場やエンドなどでPOPを描いたりして本の売り込みをしている。
コンビニはただ ラックに本を陳列するだけ。
クルーが陳列したりすると、本日発売された雑誌でも目立つ場所に陳列しなかったりする。
本も鮮度があり、返品案内がでる前に古い雑誌は片して返品した方がいい。
でないと、雑誌が見にくい売場になってしまう。

ローソンは今後、文芸や小説などの専用什器を導入して書籍売場を導入するそうだが、コンビニで文芸は売れるのだろうか?


うまい話はない



ネットでコンビニネタがあったので紹介。


【衝撃】コンビニオーナーの裏側が悲惨すぎる…こんな過酷だったのか…




年収2百万円台…コンビニオーナー搾取の衝撃的過酷労働 年間休日ゼロで週3日徹夜は当たり前。

加盟店の実態

 しかし、今回の『クローズアップ現代+』を見て、こうした考えは変わりました。番組では冒頭から「年間の休日ゼロ」「週3日徹夜勤務」「年収290万円」という衝撃的な数字が紹介されました。

 取り上げられた加盟店の場合、営業総利益(売り上げ-原価)約3823万円から、本部へのロイヤリティ(約50%)約1863万円、従業員給料約988万円、光熱費や廃棄費など約684万円を引いた残りが営業利益(オーナーの年収)となり、その額は約288万円という状況でした。十分にアルバイトを増やす余裕がなく、オーナー自らが年間休日ゼロで週3日徹夜勤務を行っても、収入は300万円にも満たないという訳です。

以上 記事引用



ネットでの反応は。。

立地が全て
フランチャイズ契約は奴隷契約だな
オーナーが夜勤に出るようになったらおしまいと言われるよね
こういうのって元手が無い人は最初に借金して始めるからやめるにやめられないんでしょ
売り上げの低い店だとそもそもバイト増やせないし高い店だと時給に対して不当に忙しくて募集かけても来ないし結局頼れるのは身内よ
普通のリーマンのほうがマシだったというヲチ
そろそろ気づけよ
コンビニなんて経営しても儲からない
新規出店して客足が順調だと思ったらすぐ近くにコンビニ作られる
同じチェーン同士で客を奪い合う
本部だけ丸儲けだろ
もうコンビニなんて増やす必要ない
休みないとか地獄じゃね?w
旅行とか行けるんだろうか 話を聞くほど地獄だよなコンビニ経営

などの声があった。


年収300万円未満の店もあるとの話だが、実際にあるのか?
うん、あるね。
最低保障に届かない中途半端な店だと、店利益は極端に低い。
それでいて、オーナー自らが年中無休で働いているとかさ。
まぁ 今の新契約だと最低保障に掛かっても店利益は出ない。
自分は移転前は旧契約で、最低保障+16年やってたからチャージ減額で利益は確保できたけど。
こらー もうコンビニフランチャイズ契約を見直さないと、体力が無い店はどんどん辞めていくだろう。
今は単店で利益確保できなくて、2~3店舗複数経営してやっと「通常の利益」が出せる程度。
しかし、複数にしたとしても、最大の問題は「人材の確保」
流通業界も人手不足は深刻だが、小売業も飲食業も人手不足に悩まされている。

今の時代 新店をオープンさせても日販40万以下の店がほとんどで、その日販だと今の契約パッケージだと利益なんてどう考えても出ない。
そんなハズレの店を紹介されて運営させられてしまうと、家族崩壊してしまう。

コンビニ加盟はくれぐれも慎重に。


遊ぶにも体力がいる



火曜日恒例のナイトレースに参加。

夜の気温は暑くもなく寒くもなく、快適に遊べる季節だ。








今回はオープンクラスという事で、サイクロンを走らせた。
コーナリングスピードが速いトゥエルブ勢には太刀打ちできないが、たまにはツーリングも走らせないとね。







ケロロ軍曹のギロロ伍長ボディを長年使用している。







決勝スターティンググリッド。




決勝レース動画 動画提供 村井さん






レース結果




ラジコンを楽しむにはいい季節になってきたので、昼間は高雄パークウェイサーキットで走らせて、夜はナイトレースのはしごをしてみたいが、ナイトレース後は店に直行して朝まで仕事なので、今はそんな体力は無い・・
夜勤明けで遊ぶのも、もうムリ。
おっさんになったよな~と実感する。


煙草が存在しなかった時は、セックスの後で皆何をしていたのだろう。



ネットでコンビニに関するニュースがあったので紹介。


コンビニ前の灰皿、受動喫煙被害?近隣住民による訴訟も



政府は2020年東京五輪・パラリンピックをにらみ、受動喫煙対策の強化を検討。飲食店の「屋内禁煙」が取りざたされる中、コンビニエンスストア前などの「屋外喫煙」にも市民の厳しい目が向けられている。

 名古屋地裁で4月、名古屋市昭和区のコンビニ店経営者と近隣の主婦水島早苗さん(57)との間で和解が成立した。
訴訟で、原告の水島さんは、近所のコンビニ店の前にある灰皿の撤去などを求めた。日頃から、水島さんが最寄り駅に向かう際にこの店の前を通るため、「受動喫煙被害を受けた」と主張していた。

 一方の店側は「ポイ捨て防止が趣旨」「原告が健康被害を被ったとは思われない」と反論。ただ、提訴された後に灰皿を撤去しており、今後も置かないことなどを約束して和解した。

 水島さんは「コンビニ前は子どもや病気の人も通る。コンビニ業界は対策を進めてほしい」と訴える。

 店前の灰皿について、コンビニ各社は「喫煙スペースとして設けているわけではない」と強調する。入店時に火を消してもらうことや、ポイ捨て防止などが目的だという。一方で、大手コンビニ関係者は「たばこを販売しているので吸う人の権利も守らないといけない。店に一斉撤去を頼むのは難しい」とも話す。

 「コンビニ出入り口の受動喫煙被害は、大きな落とし穴だった。実質的にコンビニの灰皿は喫煙所として野放しになっている」。九州看護福祉大の川俣幹雄教授(リハビリテーション医学)はそう指摘する。

以上 記事引用



コンビニに設置してある灰皿で喫煙する人は多い。
本来は喫煙する場所を提供しているのではなく、店内へ入店する際にたばこを捨てる為に設置されているのだが、ほとんどの店では喫煙場所と化している。
ほとんど店は灰皿は店内入口から一番離れた場所に設置しているが、たばこを吸わない人からしたら、それでもたばこの煙の受動喫煙被害を感じる人はいる。
そんなトラばブルも少なくなく、コンビニに灰皿を設置していない店もある。
将来的にはたばこの規制はもっと厳しくなっていくのだうな~と思う。

F1も2005年からたばこ広告の規制でメインスポンサーは撤退したし、たばこのCMも規制されて、公の場でたばこを吸う人はかなり減った。
今後は電子たばこを吸う人に割合が増えるかもしれない。

まぁ たばこの規制も大事だが、それよかコンビニで販売するエロ本も規制すべきだと思うんだがな。
女性や子どもが目に付く場所に堂々とエロ本を置いてるのは、日本ぐらいだし。
オリンピックまでには規制は掛かると思うが。
今の時代 エロ本は売れんからいらんし。

プロフィール

にゃんきち2世

Author:にゃんきち2世







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR