FC2ブログ

もったいないお化け



毎度です。

夜の気温が下がってきて。だいぶ過ごし易くなってきた。
肌寒いと感じる頃から、中華まん・おでんの販売数は伸張するけど、まだもう少し先だな。


ネットでコンビニの記事があったので紹介。

「店の売れ残りで冷蔵庫パンパン」 コンビニオーナーの自宅に潜入

2017年から縁あってコンビニ関係者の方に取材を続けている。その中で、「売れ残って余った食品が自宅の冷蔵庫にパンパンに詰まっている」「捨てるのもったいないから専用の冷蔵庫を買って、おにぎりとか弁当を冷凍して置いてある」などといった声を聞いてきた。オーナーの自宅冷蔵庫は、コンビニで売れ残った食品で本当にパンパンに詰まっているのだろうか。今回、大手コンビニ加盟店でオーナーを務める方の自宅を訪問し、冷蔵庫の中身を見せてもらう機会を得た。



「近くで見てて、こんな大変な商売はない」

大手コンビニ加盟店でオーナーを務めるQさん。取材で訪れたこの日、昼だけで、4~5kg分の弁当、おにぎり、サンドウィッチ、パンなどを捨てたという。
ごみ袋は、70リットルの大きなサイズを使っており、「だいたい、1日に2枚は使う」そう。
Qさんのお母様にもお会いした。お母様は「近くで見てて、こんな大変な商売はない」と語る。


「本部からは1ヶ月30万の廃棄を指示されるがそれ以上捨てている」

コンビニ本部からは、1日1万(円分)の廃棄を指示されるという。つまり、1ヶ月あたり、30万円分の食料を廃棄するということだ。だが実際にはそれ以上捨てているとQさんは話す。
廃棄が多い肉まん、フライもの、弁当のほか、デザート類も全然売れなくて捨てることが多い。シュークリームなど、本部からは納品を指示されるが、「全然売れない」。
売れない。けれど、「1日、6便、食べ物が運ばれてくる」。弁当やパン、加工食品、冷凍食品など、カテゴリ別に運ばれてくる。



売れ残りを食べ、結果的には肥満体に

Pさんは語る。
(だんだん、捨てることに対して)麻痺してくる。当たり前になってくる。それでも良心の呵責はあるから、少しでも(売れ残りを)食べて胃袋に収める。結果として、肥満体になる。
深夜勤務の人なんて、見事なたいこ腹をしてますよ。
まあ、廃棄済みの食品を食べることで、食品廃棄が減ることに貢献はできます。


全国のコンビニで廃棄される量は「弁当にして1日あたり90万個から150万個」

筆者が前に取材して書いた記事の、1日当たりのコンビニの廃棄量を、弁当1個を400gとして計算した。すると、全国のコンビニで廃棄される量は、1日あたり90万個から150万個と試算された。

以上 記事引用



コンビニ経営者の家の冷蔵庫の中は、大抵 こんな状態だろう。
ここの経営者はクルーには廃棄を持ち帰らせたりしてないみたいだが。
まぁ 廃棄の扱いについてはグレーゾーンなので、多くを語る人はいない。
商品の廃棄に関しては、常連客から廃棄になった商品はどうすんの?と聞かれたりする。
中には廃棄になった商品くれ!と言う人も。
そりゃ ゴミ箱に捨てるくらいならくれ!って思うわな。

廃棄に関しては色んな問題があると思う。
食材を捨てる行為が当たり前になっているので、感覚が麻痺している。
食べれるものを捨てる行為ってのは、ほんと罰当たりな行為だと思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃんきち2世

Author:にゃんきち2世







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR