FC2ブログ

映画のチョコレートドーナツは泣ける



毎度です。

世間はお盆休みに入って、のんびり過ごしている人も多いのかな。
うちの店は観光立地ではないので、お盆休みの間は閑古鳥が鳴いている。
学生が全く居ないと、通常の日販より大幅に売上が下がるので、発注をシビアにしないと廃棄の山となってしまう。
お盆期間中は清掃週間で、普段 掃除できない箇所などをしている。



ネットでコンビニの記事があったので紹介。

日本人はドーナツに飽きたのか コンビニ失敗、専門店も不振

今から3年前にコンビニエンスストアがレジ横に専用什器を設置し、大々的に売り出したドーナツ。「ミスタードーナツ」をはじめ専門チェーンの牙城を脅かすのでは? と注目されたが、今ではすっかり影を潜めてしまった。とはいえ、専門店の業績も決して堅調とはいえない状況だ。もうドーナツは日本の消費者に飽きられてしまったのか。

「ドーナツ戦争」と呼ばれた戦いがあった。3年前の2015年、ドーナツといえば「ミスタードーナツ(以下ミスド)」という時代に、コーヒー戦争でマクドナルドを凌駕したコンビニチェーンが新たなる市場拡大を狙いドーナツで仕掛けたのだ。
 レジカウンター脇に場所を確保し、専用什器で様々な種類のドーナツを販売した。折しもミスドや「クリスピー・クリーム・ドーナツ」の戦いに割って入ったこともあり、一段と話題を集めた商品だ。
 しかし、いつの間にかカウンター脇のスペースではドーナツを見かけなくなった。
 実際にコンビニドーナツを探してみると、多くの店舗において、当時レジカウンター脇の“好立地”に確保していたドーナツケースは見当たらない。

結局、ドーナツは戦略商品としての位置付けを失い、売り場における存在感をも喪失していった。今ではおやつやスイーツコーナーではなく、POPの都合上パンコーナーの一角に位置している単なる1商品に過ぎなくなった。

一方、長年日本のドーナツ市場をけん引してきたミスドも、コンビニとのドーナツ戦争に勝利したとは言い難く、経営的には苦しい様子がうかがえる。
 ミスドの親会社であるダスキンのセグメント別売上高・営業利益を見ると、2015年3月期の売上高482億円をピークに年々右肩下がりとなっている。直近の2018年3月期では376憶円とピーク期よりも約100憶円も売上高が下がっている。

いずれにせよ、コンビニ売り場の縮小、ミスドの不振などを見る限り、ドーナツという商品の魅力は次第に薄れていることがうかがえる。健康志向の高まりにより、敬遠されがちな間食の代表になってしまった感もある。

以上 記事引用



レジに設置してたドーナツ什器は全て回収されていて、今ではベーカリーコーナーに2~3種類しかドーナツは展開してない。
展開当初は物珍しさで売れてたけど、そもそも日本人てドーナツはそないに好きじゃないやん。
昔の海外ドラマの「ツイン・ピークス」にドーナツが何度も登場して、あれ見たらドーナツ食べたくなったもんだ。
そういうのに影響されて食べたくなる事もある。

最近だと、忍野忍がドーナツ好きでミスドとコラボしてたな。



コンビニではドーナツ展開当初は売れてたけど、毎日 そんなカロリーの高いもん食べへんしな。
ああいう甘いもんは、たまーに食うから美味いんよ。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃんきち2世

Author:にゃんきち2世







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR