フライ物は揚げたてが一番美味い!



コンビニの商品は割高というイメージは昔からあり、コンビニで日用雑貨を買う人はほとんどいないと思う。
コンビニは安売りをしていないからね。
立地特性で近くにスーパーなどが無い場合は話は別だが。



ネットでこんな記事があったので紹介。

セブンが値下げ戦略でファミマ、ローソンに見せつけた規模の力

業界王者がスケールメリットを生かして競合に宣戦布告──。

コンビニエンスストア大手のセブン-イレブン・ジャパンは、4月19日から日用雑貨を値下げする。洗剤やシャンプー、オーラルケア用品など61品目が対象で、値下げ幅は平均で約5%だ。
今回の値下げの特徴は、セブンが自社開発したプライベートブランド(PB)商品ではなく、大手メーカーが展開するナショナルブランド(NB)商品であることだ。

例えば、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)の「除菌ジョイ コンパクト詰替」は30円値下げして248円(税込み)に、ライオンの「システマハブラシ」は30円値下げして235円(同)になる。
NB商品の日用雑貨の値下げは、2009年に47品目の価格を変更して以来、8年ぶりとなる。

セブンの石橋誠一郎商品本部長は、「消費環境は厳しくなっている。NB商品を実勢価格に合わせていくことで“値ごろ感”を感じてもらいたい」と狙いを語る。

コンビニの日用雑貨はスーパーやドラッグストアよりも割高だった。
今回の値下げは、こうした価格差を縮めることで、スーパーやドラッグストアから主婦層などの顧客を奪いたいという思惑が透けて見えるが、業界関係者は、「セブンの真の狙いは競合の体力を低下させること。特に苦しくなるのはローソンではないか」とみる。

以上 記事引用



セブンは日用品を値下げしてコンビニでも値ごろ感を出すのが狙いだと言うが・・
消費者にとって価格は安ければ安いほうがいいに決まっている。
ただ、コンビニに置いてあ日用品は目的買いのカテゴリーなので、多少 値段を下げたところで、そないに販売数は見込めないだろう。

集客を求めるなら、スーパーみたいに週に一度でもええから白物食材(牛乳・卵・食パン)のセールをやりゃーいい。
お一人様 卵1パック50円とかで集客狙うとかさ。
昔 TVで見たのだが、惣菜屋さんでコロッケ10円で売る店があって、コロッケに関しては赤字だが他の商品を買ってもらえるので、コロッケ10円は集客の為の作戦とかやってた。

今回 セブンは日用品の値入を確保した上で価格を下げるのならいいが、価格を下げて値入も下がるのなら、店側からしたらやらん方がいい。
本部はメーカーからのキックバックをちゃーんと加盟店にも反映させないとね!
メーカーに商品採用の見返りとして、1円 納品などの強要してピンハネしちゃーダーメ!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃんきち2世

Author:にゃんきち2世







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR