FC2ブログ

邦画はアイドルを起用してナンボ



映画を2本鑑賞。


「劇場霊」

「女優霊」で監督デビューし、「リング」「クロユリ団地」など様々な恐怖映画を生み出してきた中田秀夫監督が、閉ざされた劇場を舞台に描くホラー。「AKB48」グループの全メンバーを対象にしたオーディションで主人公に抜てきされた島崎遥香が、映画単独初主演を飾る。


これホラー映画のジャンルだそうだが、全然 怖くない。
あぁ 俳優陣がセリフ棒読みなのが、ある意味ホラーだった。
監督もダメだしできないんだな・・と思ってしまう。
どの俳優もセリフを覚えて言うのがいっぱいいっぱいなのが丸分かりで、ほんとシラケる。
学芸会の方がよっぽどいい芝居するで。

今や実力俳優より、「アイドルを起用」しないと成立しない日本映画。
ジャーニーズが噛んでない作品なんてないんちゃう?

しかし、この作品 ツッコミどころが満載で、思わず失笑してまう。
クライマックスシーンでのブシャァァーは、一体 なにコレ!?(笑)
タイトルもおかしくて、霊なんてこれっぽっちも出てこない。
人形に魂が乗り移るのなら、大昔の映画「チャイルドプレイ」の方がなんぼもマシ。







「ラスト・ナイツ」

「CASSHERN」「GOEMON」の紀里谷和明監督ハリウッド進出作品で、クライブ・オーウェンとモーガン・フリーマンが主演。「忠臣蔵」をベースに、よこしまな政治が幅を利かせる封建的な帝国での騎士たちの物語が描かれる。


ハリウッドデビューした「紀里谷和明監督」て凄いよなぁ~と。
日本人がハリウッドで監督なんて、よっぽどお金積まないと撮らせてもらえないよな~
しかも! アカデミー助演男優賞のモーガン・フリーマンをキャストに迎えて撮らせてもらえるなんて!

アメリカでは興行収入は伸び悩み、危機的状況だったようで。
日本でも今月14日に封切られたばかりなのに、来月 3日で上映終了という悲しい目に。
日本人監督がハリウッドデビューした大作なのに、たった2週間で上映打ち切りとか。

でもね、製作総指揮の手腕なのか、作品は普通に楽しめた。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃんきち2世

Author:にゃんきち2世







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR