内部不正



気になった記事があったので紹介。


レジ不正操作、食事を安く提供 東北学院大サッカー部員

仙台市にある東北学院大サッカー部の男子学生3人が、アルバイト先の飲食店に来店した同部員や硬式野球部員ら約30人に正規の値段より安く食事を提供していたことが分かった。大学はサッカー部を活動停止処分とし、硬式野球部も活動を自粛している。
大学によると、3人が働いていたのは仙台市泉区の大手飲食チェーン店。昨年10月から約2カ月にわたり、レジを不正に操作するなどしてサッカー部員ら約30人に複数回、店に無断で安価な食事を提供した。店で経理上の計算が合わなくなったことから発覚し、店を運営する会社から今年2月、大学に通報があった。

以上 記事引用。



従業員の不正の話。
これは飲食店に限らずどこの業種でも起こりうるもの。
ロスが発生する大きな要因は「万引き」だと思われがちだが、内引き(内部不正)の方がロスの要因を占めるケースもある。
内部不正が起こるケースでは、店の管理レベルが問われる。
管理がユルユルだったり従業員同士がなぁなぁだったりすると、内部不正が起こりうる。

むかーし、ある直営店で棚卸ロスが100万出た店があった。
深夜クルー全員が毎日 商品を車に積んで持って帰ってた。
普通なら発注担当者や店長が気付きそうなモンだが、商品が無いから発注をするというワンパターンで在庫管理ができてなかった。
レジ不正で注意しないといけないのは、レジ操作実施状況をチェックを怠らないこと。
時間帯別にクルーさんのレジ操作状況が分かるのだが、これを見逃してはいけない。
両替回数や中止回数、返品返金や値引きなどの記録が出る。
中止回数が多い場合は要注意。
通常 レジで中止ボタンを押すことは少なく、この操作を頻繁にするクルーさんには、なぜ 中止を押したのか聞くべき。
昔 直営で中止キーを利用して、多額の現金不正を行なったクルーがいた。
お客さんが、会計 ちょうどの金額を支払いレシートを貰わずに立ち去ると、中止キーを押して会計をキャンセルして、その現金をポッケにないないして、現金を騙しとる不正をしたクルーがいた。
これ 以外にバレにくいんよな。
あと 友人が買い物に来たら、商品をスキャンせずに他の商品を袋に入れて、2~3点の商品だけスキャンして買い上げ点数を誤魔化すとか。

ロスが出たら万引きを疑うのだが、「人・物・金」の管理が徹底できていない店はやはり ロスが大きい。
これはコンビニに限らずの問題だ。


スポンサーサイト
プロフィール

にゃんきち2世

Author:にゃんきち2世







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR