独創的なものは、初めは少数派である。多数というものは独創ではない



ローソンが書籍の販売を拡大へ、書店減少受け全国の約1,000店舗から。

ローソンは9月28日から、全国の約1,000店舗に専用の商品棚を順次導入し、書籍の販売を拡大する。


「2015年版 出版指標年報」(公益社団法人全国出版協会・出版科学研究所)によると、全国の書店数は2003年の20,880軒から2013年には15,602軒へと、10年間で約4分の1。


街の書店が年々少なくなり、本を手に取って選ぶ機会が減っている中で、身近なコンビニエンスストアで書籍を販売することで利便性向上につなげていくという。

まずは、設置が可能で、売上げが見込める約1,000店舗に順次導入。通常のローソン店舗ではコミックを除く書籍は10〜20アイテムほど販売しているが、今回導入する書籍販売専用の商品棚では、小説文庫や雑学文庫、ビジネス書、料理・健康の実用書など、「人気の本」約75アイテムを取り揃える。

同社は2014年6月から、秋田県や千葉県などの一部店舗で、専用の商品棚で書籍販売を実施。その結果、雑誌と書籍を合わせた売上高は約1割増加した。また、共通ポイントサービス「Ponta」の購買データ分析によると、書籍購入者の来店リピート率(再来店の確率)は通常より約20ポイント高く、来店客数の増加につながることがわかったそうだ。


以上 記事引用



全国の書店数はこの10年間で約4分の1ですか。
今は新聞も本もCDも売れない時代だからねぇ。
スマホがあれば全て事足りてしまう。
街の本屋さんは今後 生き残るのはかなりしんどいと思う。
大型書店やネット通販には勝てない。
本は委託販売制度(売れ残ったら返品できる)で店側は損をしないと言っても、本が売れなければ意味ないし、それに万引きされたら利益なんて吹っ飛んどしまうほど利益率が低い。
本が売れない時代だからこそ、なんたら賞を芸人が受賞して本が何万部売れてる!とアピールしなければ本の話題なんてでない。
休刊や廃刊する雑誌も増えていく一方。
唯一 売れてるのはマンガのコミック本だけというのが現状。
それでも昔に比べたらだいぶ落ち込んでいるそうだが。

しかし、全国の約1,000店舗に専用の商品棚を順次導入し、書籍の販売を拡大するって発表してるけど、ほんとにそれだけの店舗数で展開できんのかね?
どこにそんなスペースがあるのやら(||´Д`)o
カウンター周りはどこの店もゴチャゴチャで見栄えはよろしくない。
コーヒー・ドーナツ・中華まん・おでんと、カウンター周辺はてんこ盛りだわさ。


スポンサーサイト
プロフィール

にゃんきち2世

Author:にゃんきち2世







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR