値引き販売



昨日の夕方 たまたまニュースを見てたら、セブンの値引き裁判の特集やってた。

東京高裁が加盟店に引き販売を不当に制限したとしてセブン-イレブンに賠償命令を出した。

コンビニエンスストア最大手「セブン-イレブン・ジャパン」(東京都千代田区)から、販売期限の迫った食品を値引きする「見切り販売」を妨害されたとして、北海道、大阪府、兵庫県の加盟店主4人が同社に計約1億4000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京高裁は30日、計約1100万円の支払いを命じた。斎藤隆裁判長は「加盟店の合理的な経営判断の機会を失わせた」と指摘した。

切り販売を巡っては公正取引委員会が2009年6月、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)で同社に妨害を禁じる排除措置命令を出し、命令後は販売が実施されている。加盟店主側は同年9月に提訴し、「契約上は自由に価格設定できるのに、弁当などを値引き販売しないよう指示された」と訴えていた。

 判決は「店主は社員から『見切り販売したら店は続けられない』などと言われて取りやめを余儀なくされており、事実上、強制的な妨害があった」と認定した。賠償額については、見切り販売の実施前後の利益率の差などから算定した。

以上 記事引用


って まだ裁判やってたんだ・・という事に驚いた。
公取委がセブンに排除措置命令を出してから4年余り経ってるのにな。
裁判てほんま長引くな。
この公取委の影響でセブンは廃棄した食品類の原価の15%を本部が持つなど加盟店の負担軽減策を導入している。
その点は凄い事だ。
コンビニチェーンで廃棄の一部を負担してるのはセブンだけ。


本部側は「値引き販売を続けると契約更新できない」と脅し、提訴した原告のうち2人は会社側の圧力で取り下げたそうだ。

契約更新できないと言われたら、加盟店の立場は弱いので圧力に屈するしかないわな。
でも この裁判の判決で、今後 値引き販売をする加盟店が増えるのは間違いない。

値引きの問題もあるが、本部の人間は毎日 大量に出る廃棄に対して感覚が麻痺している。
大事な食品を捨てる事に何ら罪悪感を持たない。
加盟店に仕入れさせてナンボやろーって。
廃棄は加盟店負担なので、本部はちーっとも損はしない。

本部社員時代にはトレーナーを長くやってて、新店オープン研修で30店舗ほどのオーナーさんとBMC研修をやってた。
DO(直営)店で店舗研修を5日間の日程で行い基本的業務を実践するのだが、廃棄に関してどのオーナーさんも驚愕されてた。
賞味期限の切れた大量の弁当を廃棄登録して当たり前のようにゴミ箱に捨てる。
初めてその光景を見たオーナーさんは、困惑した顔で皆口々に勿体ない・・と言う。
それが正常な感覚だと思う。
自分は本部社員として5年 店長・トレーナー・SVとやってたんだが、トレーナーとしてオーナーさんにOJTする際に、その感覚が麻痺してた事に気付いた。
当時の直営は1日の廃棄なんて2~3万なんてザラで、大量の廃棄の食品を捨てる事になんら罪悪感は無かった。
品揃えしてナンボという感覚だった。
ゴミ袋に入りきらない食品をゴミ袋の中で足で平気で踏み潰してたりしたことも。
毎日 大量の廃棄が出て、それをなんの感覚も持たずゴミ箱へ捨てる。
感覚が麻痺して粗末に扱ってたことに後悔した。
食べ物を粗末に扱っちゃいかん。


値引きの問題はフランチャイズチェーンや個店によって色々問題はあるだろうが、値引きをして食品が売れ残らないのなら自分はやってもいいと思う。

スーパーなんか閉店間際に半額セールやって売り切ってるやん。
ダイエーで働いてた時はよく閉店間際まで残って半額商品を目当てにしてる人がいて、半額セールにするから逆に売れ残るんやろ。とか思ってたが、正規の値段では売れないから最後に半額にするんだよな。

捨てるよりかは値引きをしてでも食品のロスを抑える事はいい事だと思う。
ほんま もったいないオバケがでるわ。




スポンサーサイト
プロフィール

にゃんきち2世

Author:にゃんきち2世







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR