漫画の実写化はもっとお金を掛けろ!



火曜日に映画を2本鑑賞。
ナイトレースが中止だったんでね。



「ジョン・ウィック チャプター2」


キアヌ・リーブスが伝説の元殺し屋に扮し、銃とカンフーを融合させた新銃術「ガンフー」を取り入れたアクションでヒットを記録した「ジョン・ウィック」のシリーズ第2弾。


前作が面白かったので、今作も期待して鑑賞。
全米では公開から僅か8日で前作の全米興収を抜き、全米総興収も1億ドルを突破して、前作の二倍以上の大ヒットとなっている。
キアヌ・リーブスは『マトリックス』以降で、なかなかヒット作が出なかったが、このシリーズで完全にキアヌが復活したという印象。
すでに続編(シリーズ3作目)の製作が始まっているらしい。


突っ込みどころを無視すれば、なかなか面白い。
ゲームのような銃撃戦などを見てると、あれを死なずにノーミスでクリアするのは何度プレイすればいいのだろうか?と思う。
驚くべきなのが、キアヌが54歳だという事。
あれだけ激しいアクションを演じれるのは流石としか言いようが無い。
トム・クルーズもそうだが、一流のハリウッドスターは歳を感じさせない。






2本目は「銀魂」


「週刊少年ジャンプ」連載の空知英秋原作による大ヒットコミックを、小栗旬主演で実写映画化。テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一がメガホンをとり、宇宙人に支配された江戸で万事屋を営む侍・坂田銀時と仲間たちの活躍を描く。


原作はほとんど見てなくて、子どもがアニメ見てたので自分も見てた。
予告見てたら面白そうだったので鑑賞。
この作品は「銀魂」を知らない人が見ることはないだろうけど、ネタを知らないと全く面白くないだろうな。
それに他の作品のパロディも多々あるので、元ネタを知らないと何が何やら。
CGが陳腐過ぎるのも、まさかギャグ作品だから狙ってんのか?と思うほど。
笑うシーンが多いが、パロディから始まるギャグ映画なので声を出して大笑いというより失笑という感じ。
途中くらいまでちゃんと観てたけど、睡魔に襲われて途中で寝てしまった。
ナウシカのパロディを見逃したのは残念でならない!

漫画の実写化はどうしても叩かれてしまうが、ギャグ映画作品なら割り切って観れるからいいかも?と思ったり。
JOJOもある意味 とんでもない作品かも知れないので、観に行く予定。
亜人の実写作品は予告を見る限りでは・・ 
期待は到底できなさそう。


スポンサーサイト

だっちゅーの!



昨日 映画を鑑賞。

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」


ジョニー・デップ主演による世界的大ヒットシリーズの第5弾。


ジョニデが主演する人気海賊アクション映画シリーズ第5弾の本作。
もはや「この作品」でしかジョニデ主演でヒットする作品は無いのだろう。
コスプレ俳優となってしまっている。
日本では最終作のように宣伝しているが、続編製作が決まっているので別に最後でもなんでもない。
そもそも日本の配給会社の宣伝センスは酷すぎる。
原題は「Dead Men Tell No Tales(死人に口なし)」なのに、「最後の海賊」てなんやねん・・
これが最終作!というのを強調すれば客が入るとでも思ってんやろ。

人気大作なので、制作費がべらぼうに掛かっているにも関わらず脚本がねぇ・・
B級作品の海賊映画という感想しかない。
CGがいくら凄くてもあかんね。
お約束のエンドロール後におまけ映像が流れるので、観客は皆 最後まで座ってた。



今回の鑑賞で東宝シネマズのマイルが6000ポイントに到達した。
去年は店の移転などで映画を観る機会が減って映画を観る機会が減ったが、ようやく特典のマイルが貯まった。

一ヶ月フリーパスを発行できる。


どの時期に発行するのがベストか?
12月が大作が多く上映されるので年末に向けて発行するのがベストなんだが、シフトが埋まっているのが前提なんだよな。
今の店だとちょっと難しいかもしれないので、一番 シフトが安定している時期に発行するのがベストだろう。

鑑賞ポイントが95ポイント貯まっているので、フリーパスを発行するまではポイント鑑賞する。
映画を有料で6本(6ポイント)観れば無料で1本観れる。
15本は無料で鑑賞できる。
東宝シネマズのシネマイレージカードは映画好きには便利なカードだ。


ヘルメットは大事



昨日 久しぶりに映画を鑑賞。

映画を観る回数がだいぶ減った。
観たい作品が無いというのが一番の理由なんだが。
前はB級作品でも観に行ってたけど、今はB級作品観るなら睡眠時間を取るようになってしまった。


「ハクソー・リッジ」

メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとり、第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマ。


メル・ギブソン10年ぶりの監督作だった本作。
メル・ギブソンは好きな俳優ではない。
私生活がムチャクチャで飲酒運転やDVなど問題が悪すぎて、この10年間は干されていたような状況だった。

実話を元にした作品が数多く製作されているが、どれだけ実話に忠実に製作されているのだろう?といつも思ってしまう。
銃を持つ事を宗教上の理由で拒んで、衛生兵として戦地に赴き仲間を助けるというのが大まかなストーリー。
宗教の事は良く分からないが、何があっても「信念を貫く精神」は到底 真似できない。
いくつもの戦争映画はドラマがあるが、この作品は現代の撮影技術の進歩でとにかく「派手」
カメラアングルがいくつも切り替わり、逆にこんなシーンをよく撮れたなーと思うほど。
あと音響が半端ない。
銃声や戦艦砲などはガルパン並みの臨場感だった。
メインの戦場である崖の上の攻防だが、あれだけ戦闘の激しい場所で、どうやって断崖絶壁の崖に上る為の縄を仕掛けれられたんだろう?と思ってしまった。

そして最後に日本が追いつめられたシーン。
将校の切腹シーンはお約束か。
日本人は追いつめられたら、最後にハラキリするというのがアメリカ人には印象付けになっているのだなぁと。


一ついいことおしえてやるよ。こんなもんはな撃てて当たりゃいいんだよ



映画を鑑賞。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

「アベンジャーズ」シリーズに代表されるマーベル・シネマティック・ユニバースの一作で、お尋ね者たちが成り行きでチームを結成し、銀河の危機を救う羽目になる姿を描いたアクションアドベンチャー「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のシリーズ第2作。




auユーザーなので、毎日もらえるキャンペーンでは東宝シネマズでアイスクレープがもらえる。




前作が面白かったので期待して鑑賞。
うん 面白かったよ。
だけど、劇中曲にしろ、ネタにしろ、元を知らないと損するよな~と。

ナイトライダーネタとか出てきたけど、分かる人どれくらいいるのか・・
TVドラマ「ナイトライダー」の俳優デビッド・ハッセルホフは、ピーター・クイルの憧れのヒーローとして、これまでにも何回か名前が上がっている。
40代以上でないと「ナイトライダー」は知らないかもね。
自分はニヤリとしたが。

今作の「リミックス」では、最後の方でエゴがハッセルホフに変身。ついにカメオ出演を果たした。

デビッド・ハッセルホフがカメオ出演



映画館を楽しむのも環境が大事。
でないと集中できない。
隣におばあちゃんが座ってたんだが、上映開始早々 寝てやんの。
普通に寝るにはいいのだが、イビキが凄くて響く。
迷惑もいいところ。
そのおばあちゃんは上映終了後も寝てたので、係員が起こすまで寝てるんやろなーと思いながら劇場を出た。
迷惑と言えば体臭もそう。
隣が臭いとゲンナリする。


そう言えば完結したはずの映画『バイオハザード』、さらに6本追加で製作が決定したな。
超ドル箱の作品なので、手放せないのだろう。
スパイダーマンやバットマンやスーパーマンもしかり。
ターミネーターは売れなかったので続編製作は中止になったが。
ハリウッド作品は続編モノは多いのだが、上映期間が開くと前作の内容を忘れてしまいがちなので、復習が必要になる。


スペランカー



昨日 久しぶりに映画鑑賞。

映画を観る回数が減った。
店を移転する前は毎月2~3本観てたのに、いまは月に1本ほど。
今の店のシフトでは観る機会が少ないのと、睡眠の方を優先しているからな~


ワイルド・スピード ICE BREAK

ビン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソンらが共演する大ヒット人気カーアクション「えワイルド・スピード」シリーズの第8作。


カーアクション映画のシリーズの第8弾。
同じ作品はこうも長期に渡って製作されるのは稀なこと。
回を増す毎に人気が出る続編も珍しい。
前作で撮影期間中に主人公役のポール・ウォーカーが交通事故で他界してしまったけど、超ドル箱シリーズなので主演の一人がいなくなっても製作された。
8作目は最後の三部作の1作目という位置付けになっているとか。

この作品は元々 カーアクション作品だったけど、もはや主役は車ではなくなった。
日本車も2台だけしか登場せず、寂しい限り。
車の走行シーンもCGを多様するのを見て、なんだかな~と。


プロフィール

にゃんきち2世

Author:にゃんきち2世







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR