メンテナンスパック



昨日 ワゴンRのオイル交換をした。

半年毎にメンテパックで点検をしている。


半年の走行距離は3千キロ。
毎日 車に乗ってはいるが、普段は通勤に使うくらいなので走行距離は伸びない。
今回も点検時にマフラーを脱着して、補強してもらった。
だけど、マフラーの劣化が酷いので、メカニックさん曰く次回の車検時には通らないかもと。
まぁ 確かにボロボロだからな~
車検時に新しいマフラー買うかな。
このワゴンR(MH21型)の社外マフラーがあればだけど。


スポンサーサイト

マフラーがデカいと気を使う



ワゴンRのマフラーがひん曲がった。

年末に大阪の実家の帰省した時に、コインパーキングに車を駐車させようとして、バックで駐車しようとしたら、跳ね上げ式のガードにマフラーが当たりグニャリと曲がってしまった。

後部座席に子ども2人乗せてて車高が下がってたとはいえ、こんな低い跳ね上げ式のガードに当たるとは思わず・・





さすがにこんな状態だと、マフラーが他のパーツとギシギシ当たり不快な音が出る。
いつもお世話になっているスズキアリーナに持ち込み。




もう 何度もマフラーを車止めに当てて、パイプに亀裂が入ったりしてて溶接などで修復などしてもらっている。





今回もマフラーを取り外して治して頂いた。


気になる修理代はと言うと、今回も無料で治してもらった。
さすがに悪いので、工賃だけでも払います!と言うも、いいですよー!と。
普通のディラーなら社外品のマフラーの修復なんてやってもらえない(と思う)


法定1年点検



ワゴンRを法定1年点検に出した。

来月でちょうど丸10年となる。


法定点検や車検に掛かる費用は軽自動車だと、とっても安い。
新車購入時の時からディラーのメンテナンスパックに加入しているので、オイル交換や点検・車検などは全てパックに含まれている。
毎回 室内清掃や洗車もしてくれる。

半年振りにディラーに行ったら営業レディとメカニックさんに、お店 どうしはったんですか?と聞かれた。
ディラーの人達にも移転の話はしてなかったから、事情を知らないと驚くわな。
前の店は閉める際、移転の告知はしてない。
移転先を告知すんのもあれやなーと思ったんで。

で 今の店に前の常連さんが偶然 何人か来たりする。
オレの顔見て驚くのなんの(笑)
ここに移りはったんですか!?と。
そうなんですよ(笑)
たまたま寄ったけど、また 来ます!というやりとりをすると、ちょっと嬉しい。




代車でスペーシアを借りた。


子育てワゴンの車で、スライドドアが電動であったり、車内は車高が高いのでかなり広い。
借りた車はデュアルサポートブレーキ装着車で、ノンターボなのに価格が146万円もする。
これでターボ車を選択してオプションとか色々付けたら、軽く200万かするやろな。
軽自動車は安いとイメージだが、リッタカーとあまり変わらない価格設定だ。
それでも売れてるのは、やはり維持費の差なんだろう。
まぁ 実際 車検や部品代とか普通車に比べると安いし、保険料も安い。
今の車のトランスミッションはCVTで、燃費重視にセッティングしているから燃費もいい。
自分のワゴンRは4ATなので、燃費は10リッターほど。
まぁ 今の車が燃費が格段に向上しているとは言え、カタログ通りの燃費ではないからそないに気にならんけど。
ほんまにカタログ通りリッター30kmも走るなら別だが。



あと何年乗るだろう?



ワゴンRを新車で購入して来月12月で丸10年。
先日 滋賀県へ行った時に走行距離が7万Kmになった。





10年間 マンションの屋内駐車場に停めてあるので、ボディ(紫色)の状態はすこぶる良い。
屋内だと夏の日焼けや冬の夜露にさらされることがない。
10年前のワゴンRなので、型式としては2世代前と古臭くなってきているが、カスタムしているから、そないに古臭く感じない。


10年乗って大きな故障は無し。
7万Kmしか走ってないからだろう。
交換したのはタイヤとバッテリーを1回。
キャタリストはリコール対象。

昔の軽は耐久性が低かったので10年も経てばポンコツのイメージだが、今の軽は耐久性が上がっているみたいだな。
まぁ その分 車体価格はだいぶ上がっているが。


この車の寿命がきたら、次は20ソアラに乗りたいなぁ~と思うが、約30年前の旧車になるから維持費など色々大変かもね。





サポート付きが当たり前の時代がくる



ワゴンRを定期点検に出した。

リコール対象のキャタリストの交換をまだ やってなかったので、3日間 預けることになったので代車を借りた。
久しぶりにマニュアルに乗りたかったので、ワークスの代車ありますか?と聞くと、無いとの事。
では なんでもいいので、マニュアルの代車ありますか?と聞くも、無いとの事。
そうなのか・・マニュアル車に乗りたかったんやけどな。
今の時代 マニュアル車自体 需要が無いのよな。

代車で借りたのは新型 ハスラーのターボ車。


初め見た時はハデなボディカラーに車内もハデやなーと思ったが、見慣れると、これはこれで良い。
3日間 ハスラーに乗って感じたのは、軽自動車はさらに進化しとんなーと。

代車で借りたハスラーはXターボというグレードで価格は155万円。
「S-エネチャージ」を採用し、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」が標準装備。

このステレオカメラ方式の「デュアルカメラブレーキサポート」が、案外使えるなーと思った。
誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能が搭載されている。
アラームが鳴るので、なになに!?と思ったが、メーターディスプレイに「車線はみ出し」と表示されてたのを見て、あぁ 車線跨いだからか・・と。
信号待ちしてて、先行車が走って数秒して車を動かさなかったら、アラームが鳴り「先行車発信」の表示も。
誤発進抑制機能はさすがに使ってないが、こういうサポート機能が付いた車は高齢者が乗るべきやな~と。
そしたら事故も間違いなく減る。
アイドリングストップも性能が向上していたのに驚き。
従来のアイドリングストップは、再始動の際にセルが周り音や振動が耳障りで、依然 代車でラパンを借りた時はキャンセルして乗った。
新型ハスラーでは「モーター機能付発電機」が搭載されている。
アイドリングストップ後は、ISGのスターターモーター機能によりベルトを介してエンジンを再始動するそうで、とても静かでスムーズな再始動だった。
これならアイドリングストップもアリやなと。

動力性能も軽自動車にしては高く、「S-エネチャージ」が加速時にサポートするからアクセルをそないに踏み込まなくてもスイスイ加速する。
それにやけに転がる
転がり抵抗が低いのは車体が軽いだけではないな、と思い、ドアパネルのタイヤの指定空気圧を確認すると、2.8Kだった。
2.8Kってかなり高い。
自分のワゴンRで15インチで2.4Kと高めにしている。
普通車で2.0Kぐらい。
燃費を稼ぐ為に空気圧を高めてんのかね?
この車の燃費は27.8km/Lだそうなのだが、自分が乗ったら平均燃費は14km/Lだった。
ナイトレースの時に国道R162でかっ飛ばしてたのもあるが、乗り方次第で燃費は変わるがほんまにターボ車で20km/L超えるんかね?
自分のワゴンRは4ATなので10km/Lしか走らない(^^ゞ

しかし、性能が上がる一方で車両価格も上がり、グレードの高い車両だとオプション付けたら総額200万超えする。





点検を終えたワゴンRを取りに行った。

毎回 洗車と室内清掃もしてくれるので、ピカピカの状態だ。
ミステリアスバイオレットパールのボディカラーもまだ艶があり、いい色してるわ。


プロフィール

にゃんきち2世

Author:にゃんきち2世







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR