寝れることが幸せと感じるって・・



シフトが埋まっていない状態が続いている。
コンビニ経営して18年になるが、過去最大のピンチに陥っている。
ほんと、今の時代 うちの店に限らずだが、コンビニの人手不足は深刻なんよなー
連日 夕方5時から翌朝の6時まで13時間勤務、そして休みは無い。
変な慣れで、13時間勤務で済んでるだけマシか・・とまで思ってしまう。

そんな昨日 夜勤明けでシェアハウスで寛いだ後に就寝した途端、9時過ぎに店から電話が掛かってきた。
今日の昼勤クルーが来てないと。
連絡をするも繋がらず。
となると、オレがカバーするしかない・・
さすがに睡眠を取らずにまた 長時間勤務はできないので、昼ピークまでには店に行くからと言い、2時間ほど仮眠した。

で 昼の12時から翌朝の6時まで18時間連続勤務している。
13時間勤務した後に2時間の仮眠で18時間勤務はさすがにしんどいな。
頭痛と言うか、頭がスッキリしない状態だ。
なんで生き物って睡眠を取らなあかんねんやろな~としょーもない事を考えながら仕事してた。


スポンサーサイト

フローズン飲料



今週の新商品でバカ売れ(うちの店では)している商品があるので紹介。


「コーラ」&「ファンタ」のフローズン飲料






「コカ・コーラ」ならびに「ファンタ」ブランドは、新商品の容器に史上初となるパウチを採用。




これから気温が一気に上昇するので、在庫は確保しておいた方がいい。
こういう商品はネットで一気に情報が広がるので、よくある売れすぎて緊急カットになる場合がある。
腐るもんでは無いし、夏場が最大の売り商品なので、在庫スペースがあるならようけ持っててもいいと思う。
自店は隣が高校なのでバカ売れするやろうと思い、アホほど発注した。
バックルームが広いので、大量にストックしてある。


成り手がいないコンビニ業界



ネットでコンビニの話題があったので紹介。


【求む!奴隷!!】コンビニオーナーのなり手が不足 新卒の学生へローソンが「契約社員採用→コンビニオーナー」の説明会を開く

人手不足の影響でコンビニの店舗を運営する人材が足りなくなってきていることから、「ローソン」はオーナーを目指す学生を対象にした採用説明会を開きました。

人手不足が深刻化する中、コンビニ業界では店員にとどまらず、店舗を運営するオーナーのなり手も足りなくなり始めています。

このためコンビニ大手のローソンは、店舗のオーナーになることを前提に新卒の学生を契約社員として採用する制度を来年春から導入することになり、14日、都内で説明会を開きました。

5人の学生が参加し、契約社員として給料をもらいながら経営のノウハウを学んだあと、1年以内にオーナーとして独立するという新たな制度を真剣に聞いていました。

会社は、オーナーとして独立する際、店舗の開店資金を支援することにしていて、採用の担当者は「若いかたは50年は店舗を運営でき、多くの店舗を経営してもらうチャンスが多いと思うので期待しています」と話しています。

以上 記事引用




コンビニ加盟者が集まらなくなって・・と。
少し前はとうとうコンビニオーナーのなり手が完全にいなくなって、年齢制限を撤廃して老人を囲い込む方法を取ってたが、10年契約という括りの中だと、長期運営は見込めない。
そこで学生、しかも新卒の学生にコンビニ経営をやらせようとしている。




社会経験も何も知らない新卒に、社員ではなく「契約社員」としてコンビニ店舗で勤務させて、一年以内に店舗運営させると言う・・無茶苦茶な話でごわす。




本部は新卒者に運営させて、50年は働いてくれる!と目論んでいる(恐ろしい)



若い子は体力があるから、休みや睡眠時間が無くても大丈夫!
若いうちに契約させれば、辞めようと思っても違約金を払うお金も無いし、文句も言わんやろ!とでも思ってんのかね。
加盟するにあたって、契約金免除だとしても開業資金(商品代金 約600万)はまるまる借金からのスタートだというのを知らないといけない。
中途解約するにしても最低600万~のお金が必要だということも。


休みは無いし、長時間労働は当たり前、ボーナスも無いし退職金も無い。
それで収入が良ければ、まだ頑張れるがそうではないのが実情。





こんな話題も・・

コンビニ24時間、福井豪雪でも短縮なし セブン拒否でオーナー「死ぬかと思った」

福井県のあるセブン-イレブンオーナーは、記録的な大雪を理由に2018年2月6日から7日にかけて、24時間営業の停止を何度も訴えた。しかし、セブン側は要求には応じず、店を開けるよう回答したという。

一緒に勤務していた妻は長時間の雪かきの末に倒れ、救急車で運ばれたが、オーナーは営業をやめられないため、付き添えなかったという。スタッフの出勤も困難で、2月6日から8日にかけて、約50時間不眠で働くことになったそうだ。

●安全や健康よりも営業を続けることが大事?

福井県では今年2月、福井市で最大147cmの積雪を記録するなど37年ぶりの大雪が降り、自衛隊も災害派遣された。

このオーナーの店舗も雪に見舞われ、2月6日の朝から夫婦で周辺の雪かきに追われたという。来客が少なかった上、軒先に積もった雪が落ちて客に当たったら大変ということで、営業中止を相談したが、セブン側は認めなかった。

夜になると妻が疲労で倒れ、病院に搬送された。その後、セブンの社員がサポートで来てくれたため、オーナーは病院に向かったが、社員がいたのは4時間ほどで、ほどなく店へ戻らなくてはなかったという。

翌2月7日の朝になっても閉店は認められなかった。営業を続けて、ケガが発生したらどうするのかとセブン側に尋ねたところ、「オーナーの保険で対応してください」「店は開けてください」という趣旨の連絡があったそうだ。

以上 記事引用



本部はオーナーの健康状態より、店を開け続けることしか頭にない。
どんな状況であっても。
例え親や子が死んでも、店は変わりなく営業を続ける。
自分も親が交通事故で亡くなった時に、大変な思いをした。
喪主である自分は1~2週間 実家の大阪と京都を何度も往復して、店舗運営を続けた。
本部からのフォローは基本 無いと思ったほうがいい。
本部がフォローできるのは発注ぐらい。
これは事実で、親が死んだというのに夜勤入って夜勤明けに葬式出て、一段落ついたらまた店に戻って仕事してた。
SVが変わりにシフトに入るなんてことは絶対に無い。
SVが担当している店は6~9店舗あるので、特定の店舗に掛かりっきりにはできないという理由がある。

当時のSVの発言した一言は、未だに覚えてる。
葬儀から一週間ほどして、SVが電話を掛けてきて、「オーナー、いつまで発注やらすんですか!」と。

こっちは心身ともに疲れ果ててんのに、自分の仕事が増えたのが嫌でこの発言。

このクソ野郎が!!と思ったのは言うまでもない。


コンビニ加盟を考えてる人はチェーンに限らず、自分で情報を集めましょう。
今の時代 いくらでもネットで情報を充分に集めることができるので充分に調べましょう。
一番 大事なのは実際に運営されている方の話を聞くのが一番ですよ。


スピードくじ



今週 水曜日からスピードくじが始まっている。
ワンオペでやってると、くじは面倒くさいことこの上ない。
レジでくじの説明して、当たりが出たら引換え商品を売場にダッシュで取りに行ったり。
どこのコンビニチェーンもスピードくじを乱発しすぎやねん。
700円以上買わないとくじが引けないから、客単価アップ狙いと売上の増加が見込まれる、簡単な施策やからなー
くじを大量に引きたい人はたばこのカートン買いをする。
毎回 くじが始まったらたばこのカートンを大量買いする人がいる。
6万円分のたばこを購入して、85枚のくじを引く。
大量に引くと当たりもそこそこ出る。
くじは通常コースとお酒コースの2つの箱にくじが入っているのだが、オススメはお酒コース。
当たり券の商品単価が高い。
通常コースは100円台の商品が中中心だが、お酒コースは800円の栄養ドリンクなど高単価な商品の引換券が入っている。
未成年は通常コースしかくじを引けないけど。


しっかし、ローソンは毎回 EXILEのくじなんだが、もう飽きた。
応募券で申し込みで当ればメンバーに会えるとか、グッズが当るとかなんだけど、興味が無い人にしたら応募券をほかす。
なので、レジ前のレシート入れには応募券で溢れてしまう。
それを狙う中・高生が自転車でコンビニ巡りをしている。

EXILEが好きな人にはたまらんやろうけど、興味が全く無い人には応募券とは言え、ただのハズレ券やしな。


口が上手いヤツは成功する



観たい作品があっても、タイミング的に上映中に鑑賞できない作品もある。
洋画の場合、公開されてから大体2週間ほどで上映終了となる場合が多い。

2月16日公開の作品で、まだロングラン上映されてて観たい作品があったので鑑賞。

「グレイテスト・ショーマン」

「レ・ミゼラブル」でも華麗な歌声を披露したヒュー・ジャックマンの主演で、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル。


観て良かった作品。
19世紀アメリカの興行師P・T・バーナムの伝記作品をミュージカル作品化したもの。
この作品 伝記と言えるほど史実に忠実ではないみたいだが、だいぶ脚色化はされているんだろうけど、映画という娯楽作品では良いと思う。
単純に歌とダンスが満載のミュージカル作品としてはとても良かった。
ただ 主人公のP・T・バーナムに関しては「嫌なヤツ」という印象しか無いけど(笑)
一般の人が見たら引く容姿の人や黒人や身障者を見世物にする男なんだよな。
見世物小屋にそういう人達を集めて金を稼ぐ。
しかも 成功すると、その「仲間達」をパーティーから締め出すという冷酷な人間。
妻の親にも自分が成功者としての驕りから、最低の対応と取る。

この物語の主人公 どん底からの成功、そして挫折、最後に再起と観客からしたらそうなって欲しいとストーリーはよくある話だ。

だけど、ダンスと歌が素晴らしく、ミュージカルに疎い日本人でも観てて楽しめる作品。
ロングラン上映も頷ける。


プロフィール

にゃんきち2世

Author:にゃんきち2世







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR