驚き桃の木



一昨日と昨日は映画を一本づつ鑑賞。



「ダンケルク」

「ダークナイト」「インターステラー」のクリストファー・ノーラン監督が、初めて実話をもとに描く戦争映画。


映画の楽しみ方はそれぞれで、デート目的でポップコーンを食べながら鑑賞する楽しみ方もあれば、真剣に鑑賞する人も。
今回の鑑賞作品「ダンケルク」はIMAXフィルムでの上映を前提(必須)として撮影されているために、IMAXでないと縫値の半分も体験出来ないとの事なので、フリーパスではIMAX鑑賞できないので追加料金(500円)を払ってIMAX劇場で鑑賞した。
やっぱりIMAXで鑑賞しないと「損」をするというか、作品の魅力が半減すると思う。
例えるなら、コンサートの生歌とDVDで聴く歌とでは、臨場感が全然違うのと同じ感じかと。

この作品は評価が真っ二つに別れると思う。
自分はこういう作品好きだけどね。
その理由は多くの日本人は「ダンケルク包囲戦」を知らないので、どんな戦況なのか分からないままストーリーをなぞることになる。
ある程度の歴史知識がないとよくわからない。
なぜ40万ものイギリス軍がダンケルクにいたのか。
少しでも予備知識を拾ってた方がいい。
面白くないと思う人はこう思うんだろう。
ストーリー性が無い
セリフが少ない
主人公がヘタレ

この作品はリアリティを究極まで追求した映像と音にあるので、面白いとかそうい作品ではないんだよな。
ある意味 人間の本音の部分を表した戦争映画で、兵士達は仲間より自分さえ助かればいいという行動をする。
身勝手な行動だが、生きて帰る為にはなりふり構わず。
綺麗ごとなんて言ってられない、自分も生き残ってナンボだと思うんよ。
逆に命を賭して仲間の命を守る兵士の姿も描かれている。
多くの戦争映画では仲間を助ける為に自ら危険に晒したり命を賭けたりするが、この作品ではその部分で共感できないんだろう。
芝居掛かったセリフや演出が一切無いので「サイレント作品に等しく」、俳優の表情を読み取る映像だけでも鑑賞できる、そんな作品。

こういう戦争映画はクリストファーノーラン監督にしか描けないだろう。


自分は映画を鑑賞する時に思うのは、たったの千円ちょっとで映画を鑑賞できるのは幸せだと思ってる。
例えばダンケルクの制作費は1億5000万ドルもの制作費を掛けている(日本円にして150億円以上)
撮影中は6000余りのエキストラが使われ、関わった製作スタッフは数百名。
この作品の為に長期間のロケを行っている。

150億円の制作費や製作者の苦労を考えると、そう思う。


スポンサーサイト

バイクの保障がネック



娘の交通事故は相手の保険会社との交渉の結果、こちらの過失無しの100対0になった。
お互いが動いてる中での接触事故では100対0は難しいのだが、事前に事故相手に電話交渉もして相手に完全に非を認めさして、保険会社にその旨を伝えるように促したのも大きい。
後はバイクの保障をどうするかだ。
バイクは恐らく時価評価額より修理代の方が高くなるので、廃車となる。
保険会社はバイクが全損になっても新車への買い替えは当然 認めないし、同程度のバイクへの買い替えを認めされるかどうかが焦点となる。
バイクは去年 中古で68000円で購入した。
時価評価額は当然 それを下回るので、交渉次第でうまく話しを持っていかないといけない。
娘の怪我は打撲が酷く、通院しなければならない。
仕事にも支障をきたしているので、本来なら仕事を休んで療養しないといけないのだが、シフトが回らなくなるので休ませてやることもできず・・

娘には本当に申し訳ない。


一人きりで観る映画は最高!



昨日は大阪の枚方にある東宝シネマズへ。
京都では上映されてない作品が大阪では上映されているので、それを鑑賞しに行った。






「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」


2005~06年にテレビ放送されたSFロボットアニメ「交響詩篇エウレカセブン」を新たによみがえらせた劇場版3部作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の第1部。テレビシリーズの物語を再構成し、新作映像と再撮影映像を交え、すべてのセリフも再構築。


TVシリーズの再構築の劇場3部作の第一弾。
エウレカの作品て見たことが無いので、人気がどの程度のものか分からないが・・
自分が鑑賞した時間は18時30分の回で、普通なら客が入っていそうなもの。
だけど、観客は自分一人だけだった。
夕方の上映で貸切って凄い(どんだけ人気ないねん)
自分だけの為に上映していると思うと、得したような贅沢な気分になる。

作品の内容はと言うと、時間軸が移動するので「エウレカセブン」を見たことないが自分には何が何だか分からない(笑)
エウレカファンの為の映画作品で、作品を全く知らない人間が観てもチンプンカンプンの内容だった。
それを考えると「エヴァ」は上手い事、劇場版を製作したなぁ~と思った。
初見でも理解できる。






「エル ELLE」


「氷の微笑」のポール・バーホーベン監督が「ピアニスト」のイザベル・ユペールを主演に迎え、「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」の原作者フィリップ・ディジャンの小説「oh...」を実写映画化したエロティックサスペンス。


フランス映画を観るのは久しぶり。
しかも「ロボコップ」「トータル・リコール」などを監督したポール・バーホーベンとあれば期待もできる。
しかも数々の賞を受賞している。

この作品は家族連れやカップルで観る作品ではないことだけは確か。
上映終了後は変な気持ちにさせられる。
人間て本当に色々な内面を持っており、人には言えない異常性を持っている。
よく言われるが、幽霊よりも生きてる人間の方が怖い。

主演のイザベル・ユペールの演技は圧巻



過失割合



昨日 スパイダーマンを鑑賞中にマナーモードにしてあるスマホの画面が光った。 
画面を見ると娘からの着信。
スクリーン出て電話にでると、バイクで事故った・・と。
どこで!?と聞くと、店の仕事終わりにバイクで帰宅中に車が飛び出してきて・・と言うので、劇場を後にして急いで事故現場へ。

既に警察官が到着していた。
事情を聞くと、娘が道路をバイクで走行中に「歩道」に駐車してた車が後方確認せずに道路に侵入してきて衝突したと。
娘いわく、急に車が歩道から飛び出してきて、ブレーキをかける間もなく衝突したのだと。
衝撃で身体が投げ飛ばされ、靴が脱げたそうだ。
ヘルメットを見ると、道路を擦った後の傷が大きく付いてた。
出血は無いが全身を強く打っているので、警察官に救急車を要請した。
病院でレントゲン撮影をして、骨折が無いことを確認、
しかし、肩や腕に足に打撲があり、傷や腫れができてた。

ともかく大きな怪我がなくて何より。
事故したバイクを店まで運んだ。
フロントフォークが曲がっており、乗れない状態なので店まで押した。



翌朝 警察官とバイクの実況見分。
検分が終わり、バイクをラジコン仲間のバイク屋さんに引き取りに来てもらった。
相手の保険会社と電話で話をした。
問題は過失割合。
ポイントは「歩道に駐車してた場所から指示器なしで後方確認せずに車道に出た」という事。
路側帯に路肩駐車ではない、
「歩道に駐車」だと道路交通違反だと思うんだがな。

自分もバイク通勤しているので、事故はほんと気をつけなかればならない。


睡眠時間が少なくなるが映画の時間で幸せになれる



一昨日と昨日で映画を5作鑑賞。

上映開始から古い作品を観ようと予定を立ててる。


「メアリと魔女の花」

「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後に初めて手がけた作品で、同じくジブリ出身の西村義明プロデューサーが設立したスタジオポノックの長編第1作となるファンタジーアニメ

この作品7月公開と上映開始から2ヶ月も経っているロング作品。
ジブリではなく、スタジオポノックの第1作だが、まんまジブリの世界観のまま。
いや、まぁ それはいいんだけどね。
でも、声優はジブリ同様変わらずタレントと起用しているので、人物と声があってへんな~と。
これじゃ 作品も台無しだわさ。





「西遊記2 妖怪の逆襲」

「少林サッカー」「カンフー・ハッスル」などで人気のチャウ・シンチーによる「西遊記 はじまりのはじまり」の続編

前作がある意味バカらしく面白い作品だった。
チャウ・シンチーの演技がそう感じさせられる。
前作『西遊記 はじまりのはじまり』は『ドラゴンボール』の作者・鳥山明が絶賛していた。
この作品は吹替しか上映していないが、逆に吹替の方が何倍も楽しめる。
それは「プロの声優」をちゃんと起用しているから。
前作よりかは面白くはないが、それでもバカらしい笑いが何度もあった。
声優の力量ってほんま凄いよな~とジブリを観た後だけに、余計にそう感じた。







「スキップ・トレース」

ジャッキー・チェン主演で、香港の刑事とアメリカ人詐欺師が、ひょんなことから追われる身となり、世界中で逃亡劇を繰り広げる様子を描いたバディムービー


60代になったジャッキーのカンフー、歳を考えたらおじいさんの仲間入りなのにあれだけ身体が動くのは凄い。
作品の内容は。。
そんな野暮な事は言ってはならない。
ジャッキーの作品はジャッキーの為のアクション・コメディ。
だけど、お馴染みのNGシーンはもういい。
昔はアクションに身体を張っているアピールは見てて凄いなぁ~と思ったが、今はNGシーンで苦痛に顔を歪めるジャッキーを見ると心が痛む。





「三度目の殺人」

「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ


上映されたばかりの作品だが、上映スケジュールを組んだ時に時間差なく鑑賞できる作品だったので鑑賞。
タイトルの「三度目の殺人」が気になる。
映画を観終わって、あぁ そういう意味ね。と。
内容自体は別に映画でやるほどでもなく、TVドラマで十分。
倍速1.2倍くらいで見るのが丁度良い。
そんな内容だった。
ハリウッド的にラストを観客に考えさせる作品を制作するには10年早い、いや 何年経ってもムリだろう。





スパイダーマン ホームカミング

サム・ライミ監督&トビー・マグワイア主演の「スパイダーマン」(2002~07)、マーク・ウェブ監督&アンドリュー・ガーフィールド主演の 「アメイジング・スパイダーマン」(12~14)に続き、3度目の映画化となる新たな「スパイダーマン

上映時間半分過ぎた頃に娘から電話が掛かってきた。
途中退席せざるを得ない状態だったので、途中で劇場を後にした。
また 観なくてはならないので、感想はまた。


久しぶりに映画を連チャンで鑑賞したが、やっぱ映画はええね。
その世界観に浸れるってのがいい。
ただ 駄作の作品だと時間が勿体無いが。


プロフィール

にゃんきち2世

Author:にゃんきち2世







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR