トイレに神様はいません



ヤフーニュースランキングにコンビニネタがあったので紹介。


「ブリブリ音の音量を小さくして」 コンビニトイレの切実「お願い!」

「大便をされる方は、ブリブリ音の音量を小さくして」――。大阪府内にある中堅コンビニのトイレにこんな注意書きが張り出されていたとして、インターネット上で「やばい」「他に言い方ないの」などと大きな注目を集めている。
客からの苦情もあり、排せつ時の音量を小さくするように求める内容に、ネット上では「無理言うな」「音抑えるとか無理」とのツッコミが相次いでいる。

■「買い物中のお客様が不快な思いをされます」

問題の注意書きは、あるツイッターユーザーが2017年3月22日に、その写真を投稿したことで大きな注目を集めることになった。
投稿された画像をみると、貼り紙は一部のトイレ利用者に「配慮」を求める内容で、最上部には赤字で「お願い!」と書かれている。その上で、

 「最近トイレご利用の方の、大便の際のブリブリ音がウルサイと、他のお客様から苦情がきております」

と店側が置かれている切実な状況を報告。続けて、「トイレからブリブリ音が聞こえるたびに、買い物中のお客様が不快な思いをされます。大便をされる方は、ブリブリ音の音量を小さくしていただきますよう、ご協力お願いいたします」と呼び掛け、コンビニ名も添えられている。ポスター上部の左右の余白部分には、土下座をしている人のCGイラストがふたつ添えられている。

この注意書きについて、投稿者の男性は「トイレで踏ん張ってて顔上げたら この張り紙やもん」として、思わず「吹いてもーた」と率直な感想をツイッターで綴っている。
.
「店側のブリブリ音対策もお願いします」

ストレートな擬音や直接的な表現が盛り込まれた注意文の内容に、ツイッターやネット掲示板では、

  「クソ笑ってる」
  「ブリブリ音の他に言い方ないのかよ」
  「『ブリブリ音』って言い方がツボすぎる 『用を足す音』とかで良かったのでは」と面白がる反応が殺到。

 そのほか、「音を抑えるとか無理言うな」「音量調整など不可能」といった冷静なツッコミや、「店側のブリブリ音対策もお願いします」「音が聞こえるような設計した店が悪い」と客側の問題ではないと主張する意見も出ていた。

 この注意書きの写真を投稿したツイッターユーザーは3月25日のJ-CASTニュースの取材に対し、 「(貼り紙が張られていたのは)普通のコンビニのトイレです」として、注意書きを見た感想については「笑いましたね」と話している。

 今回の「ブリブリ音」に関する注意書きを報告する投稿は過去にもツイッターに寄せられており、それによると、少なくとも2014年10月頃からこの注意書きは存在していたようだ。
.
以上 記事引用



コンビニトイレの利用についての記事なんだが・・
そもそも ブリブリ音って外に聞こえるものなのか?
下痢とか、お腹下してるようなブリブリ音なら分かるが、普通に用を足すくらなら聞こえはせんじゃろ?
まぁ トイレの用足しでクレームが来るってのも珍しいけど。
トイレの利用者にお願いをするより、トイレの改装した方がええんとちゃう?
改装っつっても、流れる水の音で、”トイレの音消し”を行なう消音装置を付けるだけで解決する。
ネットで見たら千円前後で販売されている。

しっかし、今は何でもネットからの発信で記事になるものだな。


スポンサーサイト

猫の手も借りたい



風邪がまだ完治せず、おまけに花粉の症状が酷い。
ダブルパンチとはこのような事を言う。
鼻がやられてると、たばこを吸うと不味いし、酒も美味くない。
嗅覚ってほんと大事。

今 どこのコンビニでもバイト募集の張り紙をしている。
ガラス面に大きく張り出している店も多い。
コンビニのクルー不足は深刻な状況だ。
自店も 何ヶ月も募集のポスターを張り出しているが、応募はまったく来ず。
このままでは、4月からはシフトが回らなくなる。
今 時給900円で募集を掛けているが反応がない。
ほんと、いよいよ・・となった時は、時給千円で募集せなあかんかもな。
さすがに時給千円にしたら応募はあるだろうが、今の子らが時給千円なので能力給の事を考えたらバランスが取れない。
新人と同じ時給という訳にはいかんし。
かと言ってさらに既存のクルーの時給を上げるのも難しい。

ほんま コンビニを運営するのもキツい時代になったものだ。


自然治癒を待つしかない



体調には充分気をつけてたんだが、先週 土曜日から風邪を引いてしまい弱ってた。
ほんと弱りきってた。
熱を出したからといって仕事を休める訳でもなく、体調が戻るまで深夜2時ー6時までの短い時間のみ仕事してた。
発注や金の管理・売場管理など最低限のことだけやってた。
本当はなにもしたくない、なにも考えたくないという精神状態で店で仕事してると、自営業はこういう時は一番辛いなーと思う。

ひたすら睡眠を取って体力の回復に努めた。
ただでさえ腰が痛いのに。、熱の為 体中の関節バキバキして全身が痛いて痛くて。
一本 1500円の栄養ドリンク飲んでみたり。
風邪薬も服用してたのだが、5日間も風邪の症状は良くならなかった。
薬飲んだら風邪が治るって訳でもないのだが、少しでも風邪の症状が緩和されればなぁ~と飲み続けた。
市販の風邪薬は数多く売られているが、風邪が治らないと効かへんやんけー ボケェ~!と思ってしまう。
まぁ 市販の風邪薬で風邪が完全に治るのならノーベル賞ものだよな。


なんでも屋ではない




ネットでコンビニに関する情報があったので紹介。


コンビニは成人雑誌の代わりに粉ミルクやおむつを売って欲しい!!→賛否両論に

コンビニは日用品の購入だけでなく、宅配便の受け取りや公共料金の支払いなどもでき、もはや日常生活には欠くことができない。そうした中、ツイッターでは、コンビニでの「おむつの販売」をめぐって賛否両論が繰り広げられている。

事の発端は、とあるツイッターユーザーが投稿した「粉ミルクやおむつなどを売って欲しい」という趣旨のツイートだ。

これを別のユーザーが「#コンビニはエロ本を売らずにおむつを売れ」というハッシュタグで、3月12日前後に拡散した。

子育て中の人からすれば、出先でおむつを切らしたり、ドラッグストアが閉まっている時間帯などには便利だろう。

「おにぎりやペットボトルのお茶、生理用ナプキンがどこのコンビニでも買えるように赤ちゃんのオムツやおしりふき、液体ミルクも買えるようになって欲しいです」
「同意。都会だとドラッグストアですら子供用オムツ売ってないことあるもんね」

それと同時に、成人雑誌が陳列されていることへの批判的な意見も続出した。

「誰でも入れる店に性的な雑誌があるのは不快に感じる。エロ本は大人向けの専門店で販売すればいいし、コンビニは生活必需品を優先して販売すべき」
「エロ雑誌が好きな読者は、別ルートでの販売を発行元に要請して欲しい」



<この記事への反応>

たしかにコンビニのエロ本とか買うやついるの?って感じだしオムツとか売った方が有用性ある
エロ本売るな言いたいだけでしょ?( ・ω・)
ほんと最近は何かと子供とか人権とかそういうのを上げるのが多くなったな
ドラッグストアとの兼ね合いで売れ筋には成り得ないから絶対置かないと思う。エロ本は俺もウゼェと思うがな。
おむつを売るってのはいいと思ったけど、わざわざ「エロ本を売らずに」とつけたことによって全面的に賛成できなくなった。
売ったら売ったで今度は「ドラッグストアより高い(プンスカ)」とか文句言うんだろうなw
たぶん、コンビニに置くのは少量パックで高いから、この人も買わない。買うとしても年に一度あるかないか。
なんでいちいちケンカうるのかね?
おむつ置いてほしいなーでいいじゃん。
まぁ、コンビニも慈善事業じゃないんだから売れない物は置かないでしょ。
コンビニって周辺環境をマーケティングしてるんで置いてるところには置いてる。置いてない=売れないってこと。
ミルクとかオムツとか、お尻拭きとか、日時的に使うものを、定価販売のコンビニで買おうと思わないわ。。。

以上 記事引用



コンビニの品揃に対しての意見なんだが、今 コンビニに置いてある商品のアイテム数って知ってますか?
店の坪数にもよるが、3千種類~4千種類もあるんだぜ。
店の商品の在庫高は500万以上ある。
特に近年 ハイゴンドラ化で商品の数はさらに増えている。
こんなに同アイテムの商品いらんやろ!って言うほど。
特に日用品・雑貨の商品アイテムが多いんだが、品揃を増やしたから売上があがったかと言えばそんなこたぁない。
逆に調味料などは増やした分のほとんどが廃棄になった。

オムツに関しては、前の店で一時期 品揃していた。
お客さんの要望があったんでね。
でも あんまり売れないのでカットした。
あれ 場所取るんよね。
今はドラッヅでも深夜遅くまで営業してるので、コンビニに置いたとしてもあまり需要はないと思う。



『セブンイレブン』の本当の意味



数日前にヤフーニュースで、コンビニオーナーの記事があった。
こういう記事は今後も増えるだろうなーとは思ってるが、今回はブログで取り上げなくていいか・・と思ってたけど、ネットでも話題になったので紹介。


「24時間営業、もう限界だよ!」 ヤマト、ファミレス業界に続きコンビニからも悲鳴

「24時間営業、もう限界だよ」便利さの裏にコンビニオーナーの悲鳴 (BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース
<記事によると>

「24時間365日、もう限界だよ。働く人、いないもの」
50代の男性Aさん(仮名)は、10年以上にわたって大手コンビニのフランチャイズオーナーをやっていた。セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートのいわゆる「御三家」だ。
契約更新に伴って、規模の小さいチェーンに乗り換えた。

「やっぱり御三家ってすごくてさ。乗り換えたら、売り上げは3割減ったよね」

それでも御三家をやめたのは、乗り換えた先が、「24時間営業をしなくてもいい」「がんばりすぎない」チェーンだったからだ。
1店舗を24時間、365日回すのに必要なアルバイトの人数は、だいたい20名ほど。大学生が中心だが、なかなか集まらない。
「ファミレスだって深夜営業をやめてるし、すき家もワンオペを批判されて、深夜をやめているところもあるのにね。でも、コンビニだけは別なんだ。ずっと店を開けているのは、ATMを守るという意味があるんだ。だから、ATMのある御三家は、24時間営業は絶対にやめられないんだよ」
業務が複雑になっているのも、人不足に拍車をかける。
「コンビニバイトは、誰でもできる仕事の代名詞みたいに言われるけどさ、今、けっこう難しいよ。コンビニでできること、この10年でめちゃくちゃ増えてるからね。ネット使った宅配便とか、チケットとか、税金の支払いとか。昔みたいに、バーコード通して終わり、っていう仕事じゃないんだ」


<この記事への反応>

まあ深夜なんてバイト集まらないしな
7時-24時まで開いててくれればいいわ
いやならヤメロ
おまえらだってバイトを奴隷のように扱ってカネ儲けして来たんだろ
デイリーヤマザキに乗り替える田舎のコンビニ多いよね
バイトの大学生の髪がみるみる少なくなっていくのを見て深夜バイトだけはやめようと心に誓った
サービス業はもう過渡期じゃないのかな
24時間も年中無休もそれほど必要じゃない
低賃金で労働者いじめてたら子供生まなくなって人いなくなったでござるの巻だな
まぁ基本財務省と経団連が悪いんだが
ヤマトの連中といい、こいつらなんなん
その業界がそういうサービスを提供しているとわかりきってるのに就職しておいて、ホワイトカラーになりたがるとか
努力して勝ち抜いてポジションを勝ち取った者がそんな屁理屈許すわけないやんけ
数年前に派遣が社員と同様の権利を主張して自分たちの首絞めたのと同じ結果になるわ

以上 記事引用



大昔 深夜営業をしてない店が多かった時代に24時間営業のコンビニが開業したのは大きな出来事だった。
25年~ほど前は24時間営業は強制でなく、時短店(7-23時)の店もあったが、今では24時間営業でしか契約できない。

24時間営業の問題点は個店によって様々だとは思うが、一番の問題は人手不足よりも「売上の低迷」だ。
自分も長年 深夜勤務をしているが、別に好き好んで深夜にワンオペで働いてる訳ではない。
本来 オーナーは客数が一番多い時間帯に店にいて、客の動向や商品の販売推移を「目」で見なければならない。
それが店利益確保の為に、シフト要員として勤務してワンオペで深夜を回している。
店利益が充分にあれば自分がシフト要員に入らず、どの時間帯でも店に自由に居れる状態を作るのがベストだ。
クルーさんの時給も最低時給ではなく、業務に似合った時給を払える。
だが 現実はどこの店もそんな余裕は無く、常にギリギリの状態で運営しているのが実情だ。
コンビニ本部との契約内容の見直しが求められる。

コンビニが24時間営業を取りやめることは現実問題として難しい。
法律で規制すれば別だが。

昔 京都市がコンビニ深夜営業規制の法案を出したが、フランチャイズチェーン協会に猛反発を喰らい断念したことがある。
今の時代なら状況も異なるので、もう一度 規制の法案を出せば可決する可能もあるんじゃないだろうか?

それかやっぱり、ここはセブンイレブンが革命を起こしてほしい。
「朝の7時から夜11時」まで営業のチェーンの本来の看板の名にかけて(笑)


プロフィール

にゃんきち2世

Author:にゃんきち2世







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR